伊東純也関連の記事はここから
こちらをクリック!

【画像動画】白坂和哉記者の大学や経歴プロフ!イノッチへの質問が失礼でひどい!

2023年10月2日に行われたジャニーズ記者会見。

副社長のイノッチこと井ノ原快彦さんへ白坂和哉記者が失礼な質問をしたと世間では怒りの声が挙がっています。

今回話題になった白坂和哉記者の経歴や大学など、どんな人なのか気になりますね。

そこで本日は

  • 白坂和哉記者の経歴や学歴
  • 白坂和哉記者が質問した内容や動画

こちらについてご紹介します。

白坂和哉記者の大学はどこ?

白坂和哉記者の学歴は高校まで判明しており、どこの大学へ進学したかは判明していません。

判明している学歴はこちらです。

  • 1986年福島県立福島高校卒業

福島県立福島高校は福島県でトップクラスの高校です。

偏差値は71あり難関国立大学への進学率も高いです。

そんな高校を卒業している白坂和哉記者なので、難関と言われる大学へ進学した可能性は高いでしょう。

高校卒業後、5年の空白期間を経てIT企業へ就職しているので、この空白期間中は大学へ進学していたと思われます。

白坂和哉記者の経歴

白坂和哉記者は、1991年に都内八王子にあるIT企業へ入社し、システム設計や開発・運用の仕事をしていました。

その後2019年にフリーランス記者として『白坂和哉 DAY WATCH』を設立し、Youtubeなどでニュース配信をしています。

”ジャーナリスト&政治系Youtuber”という立場で

視聴者の心に刺さる解説
✔切り口の違う見方
✔深堀りした情報

これら3つをポイントに置いてニュース解説をしているようです。

どうりで白坂和哉記者の質問は少しおかしかったのかな?

しかし白坂和哉記者は『白坂和哉 DAY WATCH』をお1人だけで活動されています。

ホームページでは取材活動資金を募っていて、経営状況はあまり余裕があるとは言えなさそうですね。

白坂和哉のプロフィール

本名:白坂和哉(しらさか かずや)
生年月日:1967年
年齢:56歳
学歴:福島県立福島高校→大学卒業?
経歴:1991年都内IT企業就職→2019年に退社しフリーランス記者として『白坂和哉DAY WATCH』をスタート

もともとIT企業で28年間も勤めていたという白坂和哉記者。

フリーのジャーナリストに転身するくらい、マスメディアや政治に興味があったのでしょう。

白坂和哉記者は9月に行われたジャニーズ事務所の記者会見を解説する動画をあげていました。

動画を見ての個人的な感想は

解説がテンポよく聴きやすい

✔分かりやすい言葉で解説をしている

と感じました。

個人的な感想ですが、話はうまくて頭の回転は速い方だということを感じました。

しかし、10月2日のジャニーズ事務所の記者会見では、井ノ原快彦さんへの質問が炎上騒ぎとなってしまいました。

白坂和哉記者の失礼質問とは【動画】

今回炎上した、井ノ原快彦さんへ白坂和哉記者がした質問動画はこちらです。

白坂和哉記者の質問内容はこちらです。

井ノ原快彦さんは今までジャニーズアイランドでジュニアたちを育成されてきたと思います。
今度は新会社でも従来通り若い少年たちを育成するのでしょうか。

そうであれば、非常に違和感があります。

ジャニー喜多川氏は50年以上にわたって悪質な性加害を繰り返して、被害者は数百人、下手したら1000人を超えると言われています。

国連も動くなど国際問題化している中で、従来通り未成年の少年たちをあずかって育成していくのは理解できない。

なるほど

そして次の言葉が問題となりました。

もしそれでも従来通り育成をしたいということであれば、井ノ原さんは副社長としてジャニーさんの性加害を容認しているようにも映ります。

社会的にも金儲けや偽善のように感じる。

これには井ノ原快彦さんも

え?まじっすか?

と驚きを隠せません。

さすがに私も、その解釈は飛びすぎでしょうと思いました。

この発言を受けてネットは大荒れになりました。

✔めちゃくちゃ失礼
✔何を言ってるのか理解できない
✔言ってることがおかしい

と言った声がネットにはあふれかえりました。

この質問を受けた井ノ原快彦さんの回答はこちらです。

ジャニー氏は今まで1対1でジュニアたちと対面することが多かったと思います。

ぼくはそのようなことはしていません。

周りに何人も大人の人たちがいて、色んな目で見て成長を見守れます。

そこには女性や振り付けの先生、ボイトレやお芝居の先生がいたりして、色んな人たちから情報が入ってきます。

新体制になっても、社長としてジュニアたちと関係を築いてきたことを活かして東山さんを支えながら子どもたちを育成をしていきたい。

井ノ原快彦さんはこの質問に対して冷静に、そして自分の言葉でしっかりと説明されていたと思います。

会見後には白坂記者はTwitterを更新。

あ、そうそう。沢山のアンチコメントありがとね

新幹線の中でゆっくり読ませてもらいます。

と、余裕ともいえるコメントをしていました。

なぜこのような考え方や質問にいたったのかは分かりませんが、前回同様、記者がひどすぎるといった声は更に高まりました。

まとめ

今回は、白坂和哉記者の経歴や学歴、そして炎上した井ノ原快彦さんへの質問内容や動画をご紹介しました。